businesspe

businesspe.exblog.jp
ブログトップ

疲労を回復させたい場合はビタミンに限る?

疲れた時にはビタミンをしっかり摂取しようと言う考え方は古くからあります。ビタミンが欠乏すると体調を崩しやすいことから、疲れていて免疫力が低下している時こそしっかりビタミンを摂取して体調を管理しようという経験則から来た考え方なのでしょうが、現代医学においてもその考え方の正しさは実証されています。一口に疲労と言っても肉体的疲労や精神的疲労がありますが、いずれにもビタミンは有効で、疲労時には意識して摂りたい栄養素です。

肉体疲労時、あるいは強い疲労が予想される運動前の摂取が勧められるのはビタミンB群です。ビタミンB群はエネルギー代謝に深く関わっており、淀みなくエネルギーを供給するために重要となってきます。

特に1時間を超すような長時間の運動ではエネルギー源が糖分だけではまるで足りず、脂質を分解しエネルギー源としながら運動を継続させなければなりません。この脂質を分解しエネルギーとして使える形にしたりするプロセスにビタミンB群は関わっているのです。よって運動でパフォーマンスを高めるために事前に飲むのも、疲労を早く回復させるために事後に飲むのもいずれにも意味があります。

精神的な疲労には何と言ってもビタミンCです。ビタミンCは疲労時や喫煙・飲酒時などに大量に消費されます。ビタミンCは水溶性ビタミン故に体内に留まる時間が短く、一度に大量に摂っても意味が無いと言われており、それは正しいのですが、ストレスにまみれた生活を送る人の実際に必要なビタミンCの量は予想よりもずっと多いものです。低容量のビタミンCタブレットやビタミンC配合の飴などを頻繁に口にするのがストレス対策としては非常に有効です。

体の疲労回復はビタミンが効果的ですが、脳の疲労を回復させるには血流を改善するイチョウ葉エキスやアルギニン、シトルリンなどがおすすめです。いずれも血管拡張作用をもつ成分であり、脳の血流を良くするサプリメントにも含まれていることが多いです。


[PR]
# by b1ut641w | 2014-11-15 23:33

犬の無駄吠えを矯正したい

犬の無駄吠えを矯正したいのであれば、すぐに矯正できるとは思わないようにしなくてはなりません。徐々に無駄吠えを少なくするように、時間をかけて矯正をしていく必要があります。

始めに散歩をしている時の無駄吠えを矯正していくのであれば、室外犬の場合は敷地内から、室内犬の場合は室内からトレーニングを始めるようにしましょう。通りに面した場所に犬を座らせるようにして、自分も犬の隣で座ります。

この時に犬の首輪を持つようにして、犬が吠えそうになったら、犬がほえないように「しー!」といいながら、犬の口が開かないように手で掴みます。この時に犬が吠えるのを辞めたら、しっかりと褒めることが大切です。また、いつまでも健康に長生きしてもらうためにもドッグサプリメントを飲ませましょう。

吠えなかったら飼い主が褒めてくれるということを犬に理解させるようにしましょう。人や犬が通りを歩いていても無駄吠えをしなくなったら、散歩をしている時などにしつけていくようになります。

どうして犬が吠えてしまうのかというと、吠えることで自分を守ろうとしているからです。本能と同じですから、すぐに無駄吠えを完全に矯正していくことは困難です。

ですから、少しずつ時間をかけながらしつけるようにして、吠えなくても危険はないということを犬に認識させるようにしていきましょう。

無駄吠えが激しい犬だと、飼い主としても近所迷惑だから早く矯正したいという気持ちもあるでしょうが、本能ですし、自分の身を守るためなのですから、気持ちに余裕を持ってしつけるようにしてください。


[PR]
# by b1ut641w | 2014-04-08 23:03 | 健康

疾病的な口臭の原因

口臭の原因となるもののもう一つの原因に「疾病的な口臭 」があります。口の中の健康にかかわるもの、そして身体の中の疾病が関係してきます。どんなものがあるのかを見ていきましょう。

●口の中
虫歯、歯周病、口内炎
●鼻咽喉
蓄膿症、扁桃腺、アデノイド
●胃腸
胃炎、胃拡張
●呼吸器
慢性気管支炎
●そのほか
糖尿病、肝臓病、腎不全、癌

b0320111_00362986.jpg
この中でも口臭の大半を占めているのは虫歯と歯周病です。疾病による口臭は、その疾病が完治すれば自然と無くなります。しかし、慢性的な口臭の場合には虫歯と歯周病が口臭の原因の9割を占めるというほどに多くなっています。口臭の手軽な予防方法としてはなたまめ茶がおすすめですよ。

毎日のお茶をなたまめ茶に変えるだけで、気軽に口臭予防が可能です。

虫歯というのは不思議なもので、どうにもならない痛みに襲われたかと思うと、ふっと痛みが消えてくるものです。結局はその繰り返しとなってしまうのですが、激しい痛みの時には一刻も早く歯医者に行かなければと思うものですが、痛みが治まるとそのことはすっかり忘れてしまう、そんなことも多いでしょう。

もちろん痛みがなくなったからと言って虫歯が治ったというわけではありません。一時的に痛みがなくなっただけで、放置すればするほどにその虫歯は進行してき、口臭にも強く影響を与えます。

虫歯はその名の通り、細菌の集合体です。食べかすを餌にした細菌が集まり、進行することによって歯髄神経組織が大きくダメージを受けます。それが腐敗臭までさせているのです。口臭を気にするのであれば、まずは虫歯と歯周病に対する対策が必要となるということです。


[PR]
# by b1ut641w | 2014-03-07 00:37 | 健康